学資保険は子供が大学、専門学校などへの入学金、授業料のための保険です

学資保険は子供が大学、専門学校などへの入学金、授業料のための保険です。18歳の満期時に下りてくるのですが、それまでに毎月か、毎年か、一定額を保険金として納めるのです。学資保険は積み立てを目的とした保険です。積み立てですので定期預金でもできるのですが、しかし、現在の低金利の銀行では積み立て定期をするよりも、学資保険の方が利率がいいのです。学資保険は各保険会社からいろいろ販売されています。各会社の保険比較することで、それぞれの会社かでの保険のメリットデメリットが分かるでしょう。

学資保険の保険比較のポイントはまずは金額になります。銀行に例えると利率なのですが、どれだけの保険金額を納めることで満期になるかです。収める保険金は低額で満期金額多同じであればそれが一番リターンがいいのです。そして収める保険金額以外にもポイントになるのが、その保険内容です。満期金額の他に何があるかです。保険の支払いにおいて親が死亡または、重度の障害で働けなくなった時に支払いが免除され、満額が支払われるのかは大切です。また、保険会社によっては大学以前に一時金が出るところもあります。

高校入学、中学入学時に入学祝い金として一時金が下りる学資保険があります。これは保険比較のポイントとしては重要なのです。中学、高校の入学時には教科書、制服代はもちろんのこと、いろんな教材が必要ですし準備するものもいろいろあります。そのため一時金がある学資保険は非常にメリットがあるのです。もちろん他にも、子供の病気、怪我などのときの入院費、治療費などがあります。これらがオプションの保険もありますし、組み込まれているケースもあります。金額と保険内容をよく検討して決めましょう。

 



link/ 00/ 01/ 02/