学資保険は子供の将来に掛かるであろう教育費を、計画的に積み立てていく保険です

学資保険は子供の将来に掛かるであろう教育費を、計画的に積み立てていく保険です。親が一番心配するのは、子供が大学生になる時に、掛かる資金だと思います。通常の家庭では、この資金を1度に準備するのは難しいでしょう。そこで、その時に必要な額を、積み立てていくのが、学資保険です。子供の将来の教育費ために掛ける保険ですので、早く掛け始めれば、その分後々楽になります。そのため、計画的に保険に入る事が、必要です。

学資保険に入っていれば、それで全て安心という訳ではありません。子供が何歳の時に、いくら必要かをしっかり検討して、保険に入る事が大切です。学資保険には、医療特約などが付いている物もあるので、その点も、必要かどうか検討した方がいいでしょう。一般的には、親が保険料を積み立てるので、親が契約者となります。無いに越した事はないのですが、もし契約者が、契約期間中に、亡くなってしまった場合でも、その後の保険料の支払いは免除となり、保険料も支払われます。

この支払われた保険料は、契約者、いわゆる親から子供へ、相続する事となります。相続するという事は、相続税が課税されます。しかし、子供の年齢によっては、相続税も減額される場合もあります。最近では、節税のため、祖父母が「相続税で税金を納めるぐらいなら、孫のために使う」という理由で、祖父母が、お孫さんの学資保険を支払って契約者となる場合もあります。この場合、年間110万円までは非課税で、お孫さんに贈与可能なので、祖父母の税金対策にもなる訳です。

 



link/ 00/ 01/ 02/