学資保険を相続するということがあります。しかも、お子さんが幼くして保険を相続する

学資保険を相続するということがあります。しかも、お子さんが幼くして保険を相続するということが実際にあります。最近では、可愛いお孫さんのために、祖父の方や祖母の方が学資保険を払うということがあります。しかし、お年寄りになりますので、学資保険を払っている最中になくなってしまうケースもあります。契約者の年齢制限はありますが、それがあったとしてもなくなってしまうケースはあるようになっているというわけです。これは特に重要な事であるといえます。

そこで契約者がなくなりますとお子さんに学資保険が相続されます。学資保険が相続されるとともに、契約者の死亡補償といううことで、お子さんに育英年金が支払われるというようなシステムになっています。実はその育英年金についてなのですが、税金が発生する対象になってしまいます。たとえまだ子供であったとしましても、年間の所得が38万円を超えますと税金がかかるというシステムになっています。ぞれは税制上守っていかなければいけないものになっています。

そしてその年間の所得が育英年金によりまして38万円を超えた場合についてなのですが、具体的には所得税と住民税がかかるようになっています。地域によって差があるのですが、所得から38万円を差し引いた額の約10パーセントが所得税・住民税として税金がかかるというものになっています。学資保険を相続しますと、そういった税金についても考えていかなければいけません。もちろん、税金を払ってでも相続することがお勧めです。これからの生活に役立つものです。

 



link/ 00/ 01/ 02/