娘が今年小学校に入り、学資保険を考えるようになりました

娘が今年小学校に入り、学資保険を考えるようになりました。ちょうど、130万の貯金があるのでしばらく使う予定はないので、利率の良い学資保険に入ろうということになりました。今は通販型の学資保険や大手の学資保険などいろいろあり、迷うところが多いです。昔は会社に来てくれる保険のおばさんや、親戚のおばさんが保険の外交員だったりして、付き合いで保険に入ることもありましたが、今はネットで調べることができ、選択肢が増え、通販型もとても魅力的になりました。

私はまず、通販型の保険を調べました。利率も良く預けるだけなら通販でも良いかなと思いました。次に、大手の利率のよい生命保険会社の説明を聞きました。ここの会社は、男性が保険外交員をしていて、説明も丁寧でこれからの家計の支出や子どもの成長に合わせてどれくらいお金が必要か、大学に行かせた場合、一人暮らしをさせた場合、国民年金の加入の必要性、国民年金は国がどれだけ負担してくれているか、など私が知らないことを詳しく紙で出して教えてくれました。

私はもうこの男性保険外交員の話を聞いて、とても納得して、ここの学資保険に入ることにしました。学資保険のことだけではなく、家族全体のこと、将来のことを考えてくれたので、これからも長くお付き合いできると思いました。通販型も安く良いのですが、訪問型も親身になってくれたり、わかりやすかったりとよい面もあると思います。どこの会社を選ぶかは自分自身の選択ですが、安いだけでは満足できない部分もあると思うので、保険に入るときは何社か検討したほうが良いと思いました。

 



link/ 00/ 01/ 02/