学資保険は子供が大学、専門学校に入学したときに使用する貯蓄を目的とした保険商品で

学資保険は子供が大学、専門学校に入学したときに使用する貯蓄を目的とした保険商品です。日本の大学、専門学校は入学金も授業料も非常に高いのです。バブルの崩壊、リーマンショックなどで日本の経済はデフレ傾向にあり、いろんな物は値下がり傾向なのですが、大学の授業料は値下げがされないのです。そればかりか値上がりしているのです。親の給与は上がらず、下がるばかりです。そのため子供の将来のために小さい時から学資保険で貯蓄していくのです。

貯蓄でしたら、銀行などの定期預金がありますが、金利が低く同じ額を18歳までに貯めようと思ったら保険金額よりかなり上乗せして貯金しないといけないのです。その点学資保険の方がメリットがあるのです。また、学資保険は満期以外ににも一時金が下りるのです。中学入学、高校入学の時に小額のお祝い金が下ります。このお祝い金が非常にありがたいのです。中学、高校入学時は制服、教科書などいろいろな準備のために費用がかかります。

また、仮に契約期間中に親が死亡した。または、病気などで働くことが出来なくなった場合は支払いは免除され、保険金が満額で受け取ることが出来るのです。他にもオプションがありますが、子供が怪我、病気したときには治療費を受け取ることが出来る学資保険もあります。学資保険は子供の将来のための保険です。大学に行かない可能性もありますが、大学に行くとなった時にお金が無いことで、子供の将来の道を閉ざすことがないようにする学資保険に加入することはきっと子供の将来に役立つでしょう。

 



link/ 00/ 01/ 02/